ハンディーカーネギー・ベスト Handy Carnegie’s Best |ドロシー カーネギー /デール カーネギー

ハンディーカーネギー・ベスト Handy Carnegie’s Bestハンディーカーネギー・ベスト Handy Carnegie’s Best
ドロシー カーネギー /デール カーネギー
創元社 刊
発売日 1986-11
価格:¥2,310(税込)
発送可能時期:通常4〜5日以内に発送
オススメ度:★★★★



この大きさが素晴らしい。 2006-07-23
オーディオCD版が販売されている「道は開ける」「人を動かす」の両方が入っているので、購入しました。

スーツのポケットに入るので、通勤電車の中で、CDを聞きながら、読んでいます。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/8/14に作成しました。

マインドマップ練習帳―即効!だれでも・やさしく学べる |片岡 俊行

マインドマップ練習帳―即効!だれでも・やさしく学べるマインドマップ練習帳―即効!だれでも・やさしく学べる
片岡 俊行
秀和システム 刊
発売日 2006-02
価格:¥1,050(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★



入門者に最適! 2007-06-08
マインドマップの有効性は直感的に誰もが感じると思うのですが、その具体的な使いこなしについては、書籍を何冊か購入しても、どれもしっくりくるものが無く残念におもっていました。その中でこの本は応用範囲も含めて概要を理解しやすい書物でした。

マインドマップのアウトラインを理解するには価格的にもお勧めだと思います。またこの書籍で紹介されているmindmanagerというソフトも体験版を入手しましたが、すごく使い勝手が良く感動しております。ただし値段が高いので購入は検討中です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/8/14に作成しました。

人は「暗示」で9割動く!―人間関係がラクになるコミュニケーション心理術 |内藤 誼人

人は「暗示」で9割動く!―人間関係がラクになるコミュニケーション心理術人は「暗示」で9割動く!―人間関係がラクになるコミュニケーション心理術
内藤 誼人
すばる舎 刊
発売日 2007-03
価格:¥1,470(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



とても、まっとうな本。 2007-07-26
人は「暗示」で9割動く…………見事なタイトルだと思う。

しかしこの本のいいところは、こういうある意味であざといタイトルにもかかわらず、

中身はしっかりしたコミュニケーション術が、

タイトルに比べると意外なほど誠実な文章で、

きちんと論理的に描かれている点だと思う。

タイトルは表札のようなものだから、読者にとっては買うか買わないかの大きな判断材料になる。かといって、最近どうも、タイトルだけで「ひっかける」ような本が少なくない。

この本もそのたぐいだと思うと、「嬉しい誤解」だったりする。

そもそも前書きに「催眠術のような心理誘導のほんではありません」と謳っている。

つまり、しぐさや言葉づかいで、コミュニケーションは円滑にもなるし

ぎくしゃくもする、ということをこの本は書いているのだ。

人との接し方に悩んでいる人などは一読の価値がある。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/8/14に作成しました。

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編)) |P・F. ドラッカー /Peter F. Drucker /上田 惇生

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
P・F. ドラッカー /Peter F. Drucker /上田 惇生
ダイヤモンド社 刊
発売日 2000-07
価格:¥1,890(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★


原書名は『THE ESSENTIAL DRUCKER ON INDIVIDUALS: TO PERFORM, TO CONTRIBUTE AND TO ACHIEVE』。現代マネジメント思想の巨人、ドラッカーを初めて読む人のために、これまでの著作10点、論文1点からエッセンスを抜き出し、ドラッカー自身が加筆・削除・修正した必携本である。3部作『THE ESSENTIAL DRUCKER』のうちの第1部で、個人の生き方と働き方が主題となっている。本書の第1章は個人がおかれた状況を確認する「いま世界に何が起こっているか」。第3章「自らをマネジメントする」から、個人のあり方が本格的に論じられていく。社会において業績をあげ、何かに貢献し、成長するにはどう考え、行動すべきか。単なる業績アップやキャリアアップを目指すものではなく、これからの時代を生きる知識労働者が理解すべき本質的な問題を取り上げている。随所に具体的で明快なアドバイスを盛り込みながら、個人が「何をもって記憶されたいか」という究極の問いかけへと向かっていく。編者によれば、本書はドラッカーが初めてという人だけでなく、ドラッカーの世界が「大き過ぎて全体が見えない」という人、次にどの著作を読めばいいのか悩んでいる人たちのためのガイドブックとして作られたという。とはいえ、やはりドラッカーの思想の原野は広大だ。本書も1度通読して済むような軽い本ではない。座右に置いて何度も読み返せば、そのたびに新たな発見があり、勇気がわいてくるはずだ。(秋月美南)

基本! 2007-08-05
ビジネスに関して、いろんな経験や勉強を通して学んだことが、簡潔に、そして包括するように述べられています。



ビジネス本の源流であり、確固たる基本。



知識とは

働くことの意味

自身のマネジメント

意思決定のテクニック

自己実現のために

という流れで、プロフェッショナルであることの基本的な考え方から、ビジネスで勝ち抜くための姿勢と行動について述べられています。



ただ論理的なノウハウを並べただけではなく、行動をかきたてられる、非常に強い言葉に出会えるのもすごい。








さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/8/14に作成しました。

ほめ言葉ハンドブック |本間 正人 /祐川 京子

ほめ言葉ハンドブックほめ言葉ハンドブック
本間 正人 /祐川 京子
PHP研究所 刊
発売日 2006-12-21
価格:¥998(税込)
発送可能時期:通常2〜3日以内に発送
オススメ度:★★★★★



考え方はためになる 2007-08-11
タイトルを見て、衝動買いしてしまった。

内容は、最初に原則が述べられて、そのあとはパターン別のほめ言葉の具体例が並べられている。原則の部分については、「具体的にほめる」など非常にためになることが書かれている。ちょっと物足りないのは、私自信がすぐに使えそうな具体例が少なかったことだ。ここがもっと充実していれば星5つなのだが。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/8/14に作成しました。

ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法 (ファシリテーション・スキルズ) |堀 公俊 /加藤 彰

ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法 (ファシリテーション・スキルズ)ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法 (ファシリテーション・スキルズ)
堀 公俊 /加藤 彰
日本経済新聞社 刊
発売日 2006-09
価格:¥2,100(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



板書を制すものが会議を制す! 2007-06-04
仕事上の必要があって、ファシリテーションに関する書籍を漁ったなかの1冊。

著者の堀氏は日本ファシリテーション協会の会長で、著作も多い。



本書は、ファシリテーションの個別スキルであるファシリテーション・グラフィック、

すなわち「板書」について解説したものである。



会議で板書をするのはいちばん下っ端の若い人ということが多いが、

実はそれは大変な間違いで、板書をする人こそが会議において最も影響力を持ちうる、

と本書はいう。

なぜなら、板書をする人が個々の意見をどのように要約するか、整理するかで、

議論の組み立てを舵取りできるから(p2)である。



従って「板書」はファシリテータの最重要スキルのひとつということになるのだが、

実際にはリアルタイムで進行する議論を構造化したりグループ化したりするのは

容易なことではない。

本書では、「朝まで生テレビ!」を聴きながら板書する、という訓練方法を紹介しているが、

想像するだけでへこたれそうである。



ともあれ、これまで板書を会議スキルとして正面から扱った本はなかったように思う。

書かれている内容については、さほどびっくりするようなことはないが、

きれいに板書されたカラーのサンプルは大変参考になる。



なお本書を読む前に、ファシリテーションの全体像は類書で押さえておきたい。

以下をお勧めする。

  『ファシリテーション』山崎将志,2007,ファーストプレス

  『今すぐできる!ファシリテーション』堀公俊,2006,PHPビジネス新書


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/8/14に作成しました。

自分の小さな「箱」から脱出する方法 |アービンジャー インスティチュート /金森 重樹 /冨永 星

自分の小さな「箱」から脱出する方法自分の小さな「箱」から脱出する方法
アービンジャー インスティチュート /金森 重樹 /冨永 星
大和書房 刊
発売日 2006-10-19
価格:¥1,680(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



自分を自分自身でかえる 2007-08-10
人はいとも簡単に箱に入ってしまう。

もちろんそれは自分も含めてです。

それでも、自分は今は箱の中にいると認識すること、

そこから出ようと意識することが

いかに自分で自分自身を強くできることにつながるのかを知るきっかけになった本でした。




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/8/14に作成しました。

「できる人」「できない人」を1分で見分ける方法 |谷所健一郎

「できる人」「できない人」を1分で見分ける方法「できる人」「できない人」を1分で見分ける方法
谷所健一郎
フォレスト出版 刊
発売日 2007-08-02
価格:¥1,365(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



1万人以上の人と会った「伝説の人事部長」が書いた“人事徒然草”。 2007-08-13
 タイトルで「1分で見分ける方法」と豪語しているが、77個のチェックポイントを1分で確認するのは、不可能だ。



 でも、内容としてはおもしろい部分もたくさんあるし、チェックポイントひとつにつき見開き2ページで説明しており、とても読みやすい。



 採用面接のアンチョコとしても使えるし、面接を受ける側などの評価される側にとっては、基本的な戦術書としても使える。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/8/14に作成しました。

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術 |本田 直之

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
本田 直之
東洋経済新報社 刊
発売日 2007-06-29
価格:¥1,523(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



楽に読めるが、内容は深い 2007-08-13
前作のレバレッジ・リーディングが良かったので、買ってしまった。レバレッジの考え方についてわかりやすく、かつ網羅的に触れられており、明日からすぐにでも使えそうなヒントが多く載っている(といっても、完璧に実践するのは大変そう)。1時間そこそこで読めますが、かなり深い内容であることは間違いない。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/8/14に作成しました。

人を動かす 新装版 |デール カーネギー /Dale Carnegie /山口 博

人を動かす 新装版人を動かす 新装版
デール カーネギー /Dale Carnegie /山口 博
創元社 刊
発売日 1999-10
価格:¥1,575(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★


あらゆる自己啓発本の原点とも言うべき本書は、1937年に初版が発行されると瞬く間にベストセラーとなり、累計で1,500万部を売り上げた。『How to Win Friends and Influence People』は初版の発売当時と同じように今日でも十分通用する内容となっているが、その理由は、著者のデール・カーネギーが決して変わり得ない人間の本質を理解していたからに他ならない。著者の信ずるところによれば、経済的成功の15パーセントは専門的知識から生み出されるが、残りの85パーセントは「考えを表現する能力、リーダーシップをとる能力、そして人々の熱意を引き出す能力」によるものとなる。人と接する際の基本的な原則を基に、自分が重要視され、評価されていると相手に感じさせるようなスキルを教示する。また、操られていると相手に感じさせないようにしながらつき合う基本的な手法にも重点を置いている。カーネギーは、誰かに自分が望むことをさせるには、状況を一度自分以外の視点に立って観察し、「他人の中に強い欲望を喚起させる」ことで可能になると述べる。更に本書を通じて、相手に好かれる方法、自分の考え方に相手を引き込む方法、相手の感情を害することなく、あるいは恨みを買うことなくその人の考え方を変える方法を学ぶことができる。例えば、「他人にその考えが自分のものだと感じさせる」方法、そして「まず自分の失敗について語ってから他人を批判する」方法などである。また、歴史上の人物、産業界のリーダー、そして市井の人々の逸話を交えながら、著者の論点が分かりやすく解説されている。(Joan Price, Amazon.com)

何度も読み返したくなる本 2007-08-02
この本を買ってもう数年経つが、未だに良く読み返す。

社会において人と関わる際に必要なものが何なのかが丁寧に書かれており、

他人と良好な人間関係を築きたいと考えている人にぜひ、読んでもらいたい。



人と関わることはとても難しいが、この本に書かれている原則を守れば、

少なくとも人間関係を悪化させたり、他人に不快な思いをさせることは無くなるだろう。



古い本であるが、それでも自信を持って他人に勧められる本である。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/8/14に作成しました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。